#ご自愛力診断

特定健診について詳しく知ろう。
あなたのご自愛力を診断します。

診断する

特定健診って何?

生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目してこれらの病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を受けていただくことを目的とした健康診査です。

対象となる方

40歳~74歳の被扶養者
(ご家族)です。※受診時に被扶養者であることが必要です。

  • 協会けんぽに
    ご加入の
    被扶養者
    (ご家族)

  • 40歳~74歳の方※協会けんぽにご加入でない方は、
    ご加入の医療保険者にお問い合わせください。

特定健診、実は気軽
受けていただけます!

受診できる医療機関

県内
800箇所以上※2020年2月時点

検診時間

30※内容により異なります。

特定健診の費用は?

自己負担額1,243※0円で受診できる健診機関もあります。

特定健診って
何をするの?

  • 診察等

    視診、触診、聴打診などを行います。

  • 問診

    現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、
    検査の参考にします。

  • 身体計測

    身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。

  • 血圧測定

    血圧を測り、循環器系の状態を調べます。

  • 血中脂質検査

    動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、
    LDLコレステロールを測定します。

  • 肝機能検査

    肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。

  • 血糖検査

    空腹時血糖またはHbA1c、随時血糖を測定し、糖尿病などを調べます。
    (随時血糖を測定する場合は、食事開始後3.5時間以上経過していること)

  • 尿検査

    腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。

※特定健診には、がん検診が含まれていませんので、お住まいの市区町村が実施する「がん検診」をご利用ください。
がん検診等を同時に受診できる医療機関や集団健診もございます。詳しくは実施機関一覧をご確認ください。